応用理学とは | 学問ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「工学・建築」に戻る

応用理学

どんな学問?

応用理学

さまざまな専門知識・技術を高いレベルで応用するための学問

応用理学は、課題に対して幅広い専門知識を高度に応用することで、これを解決へと導くための学問。主な領域は、地質調査などに応用する地学や地球物理学を学ぶ「地質学」のほか、通信技術では光エレクトロニクス、光テクノロジーなどを学ぶ「光工学」、環境とエネルギーとの関わりを考える「エネルギー工学」、新エネルギーとしての「原子力工学」など幅広い領域がある。それぞれの領域で高度な事業計画を立てる際などに役立てられる学問である。

この学問の学び方

学校によってカリキュラムは大きく異なるので、自分が学びたい領域に力を入れている学校を選ぶとよい。基礎学習では物理学や数学といった理論の基本を身に付けた後、希望の研究領域を選んで専門分野の実験、演習などを中心に学ぶ。

この学問は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系
「工学・建築」に関する他の学問もチェックしてみよう!