船員・パイロット養成とは | 学問ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「工学・建築」に戻る

船員・パイロット養成

どんな学問?

船員・パイロット養成

航海やフライトで不可欠な高度な知識と技能を身に付ける

船員になるための学びでは、大型の船舶職員となる国家資格「海技士」をはじめとする船員の業務に不可欠な学科と技術を身に付ける必要がある。たとえば、自然科学分野では海流や気象について詳しく学ぶ。また、法規分野では海上交通法など、機関士業務に必要な工学分野では熱機関工学などを履修する。パイロットになるための学びでは、航空大学校もしくは民間の養成課程で学科および実技を習得する。操縦に求められる広範な知識と高度な技能が要求される。

この学問の学び方

たとえば、航空大学校で行っているパイロット養成の場合には、まずは学科訓練を受けてから、実際に空を飛ぶ基本的なフライトトレーニングに入る。その後、プロに求められる高度なフライトをマスターする。最後に計器だけを見て飛行する計器飛行をマスターすれば修了である。

この学問は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系
この学問とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
「工学・建築」に関する他の学問もチェックしてみよう!