レッスンプロになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

レッスンプロ

どんな職種?

教室での指導や競技選手育成でダンスの裾野を広げる

主に社交ダンスなどの技術を、趣味や健康維持、競技出場を目指して学ぶ人たちに教える仕事。アクティブシニアからジュニア層、ナショナルチームなど、対象ごとに求められる教師や指導者の資格が細分化している。風営法の規制により、パーティーなどでダンスの相手をする場合にも資格が必要であり、資格認定を行う団体も一般社団法人や公益財団法人などに複数存在する。自分のプランに合った団体を選んで練習や講習会を経験するとよい。競技会で上位入賞すれば教師としてのランクも上がる。

こんな人におすすめ!

ダンスのスキルはもちろん、生徒に最適な練習方法を見抜く指導力も必須

社交ダンスに対しての知識・技術があることはもちろん、口頭での伝え方や練習方法によって、人に分かりやすくダンスを教える指導力が必須だ。手本を踊ってみせたり、失敗を指摘するだけでなく、どのような練習をすれば生徒の能力を伸ばすことができるのかを考えて、積極的な指導をしていく献身性が求められる。また、レッスンプロとして成果を上げるには、自分自身が競技会で上位に入る必要があるため、自信の技術の向上を欠かさないことが重要だ。

レッスンプロを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:舞台・演劇・舞踊学、映像、体育学、スポーツ学など
  3. 採用試験就職先:社交ダンス教室、フリーランスなど
  4. レッスンプロ
  • Point1

    社交ダンスのレッスンプロとして報酬を得るためには、公益財団法人日本ボールルームダンス連盟または公益社団法人全日本ダンス協会連合会のいずれかの試験に合格しなければならない。

  • Point2

    ダンスレッスンの報酬以外にも、プロの競技選手としての報酬(プロフェッショナルデモンストレーション)を狙えるため、競技ダンスでは上位を目指しておきたい。

「舞台・イベント」に関する他の職種も
チェックしてみよう!