振付師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

振付師

どんな職種?

曲やアーティストの魅力を最大限に引き立てる振りを考案

ダンサーや歌手に振り付け(踊りの動きを考え、踊り方を指導)を行う仕事。舞台や各種イベント、テレビなどで、内容や曲に合ったダンスを一から作り上げる。近年はCMやライブショーなど活躍の場も多い。現役・引退後を問わず、ダンサーとしての経験は不可欠で、仕事の内容によっては、専門ジャンルの枠を超えた幅広い芸術性が問われることも。ダンスのスキルを磨き、コンテストやオーディションなどで知名度を上げていくことが望まれる。バックダンサー経験や振付師のアシスタント業務も役立つ。

こんな人におすすめ!

発想力が豊かで、曲調に合わせた最適な振り付けができる

舞台の上で演じる歌手やダンサーに向けて、それぞれの曲調に合わせた最適な振り付けを行う必要があることから、振付の発想力と指導力が必要だ。また、常に個性あふれるダンスや踊りを提供するために、日常生活の中でも、世間の流行や振り付けのヒントをキャッチする優れたアンテナを持っていることが求められる。

振付師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:音楽、舞台・演劇・舞踊学、映像など
  3. 採用試験就職先:芸能プロダクション、レコード会社、イベント興行会社、フリーランスなど
  4. 振付師
  • Point1

    リズムに合わせた振り付けとダンスに関する基本的な知識の習得が必須である。「ダンスインストラクター」の資格を取得しておくと採用試験の際に有利に働くこともある。

  • Point2

    専門学校や大学でダンスの教育を受けた後に、芸能事務所などに所属し、バックダンサーや振付師のアシスタントなどの経験を経て、一人前の振付師になるケースが多い。

「舞台・イベント」に関する他の職種も
チェックしてみよう!