バレリーナになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

バレリーナ

どんな職種?

バレリーナ

クラシックバレエのステージにおいて洗練された踊りで観客を魅了する

劇場でクラシックバレエを踊る仕事。バレリーナは主に女性の踊り手を指すことが多く、バレエダンサーと総称されることも。主役がプリンシパル、ソロを担当するのがソリスト、そのほか大勢の踊りを担当するのがコールドなど、役割が分かれている。子どもの頃からバレエ教室に通い、国内外のコンクールなどで好成績を収める必要がある。名門バレエ団の入団審査はとりわけ狭き門であり、入団後も基礎訓練を続け、美しい体型の管理や芸術的感性を磨くための自己研鑚が欠かせない。

こんな人におすすめ!

しなやかな身体と、美しい表現力とセンスを持っていること

バレリーナには、強靭でありながらもしなやかな身体が必要だ。そして音楽に合わせて、美しい演技力と表現力が要求される。子どものころからバレエを習い、高い技術とセンスを身に付けている人に向いている。また、プロとして活躍するには、体形や健康面などを自分で管理できるストイックさも大切な要素だろう。

バレリーナを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:舞台・演劇・舞踊学、栄養学、健康科学、体育学など
  3. 採用試験就職先:バレエ団体、バレエ教室など
  4. バレリーナ
  • Point1

    有名バレエコンクールでの入賞経験や、有名海外バレエ学校への長期留学経験などがプロバレリーナへの近道。クラシックバレエだけでなくモダンやコンテンポラリーダンスの技術も習得しておくと演技の幅が広がる。

  • Point2

    バレリーナを目指す場合、多くの人がバレエ団に入団する。バレエ団に入団するにはオーディションに合格する必要がある。

「舞台・イベント」に関する他の職種も
チェックしてみよう!