狂言師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

狂言師

どんな職種?

笑いを芸術の域にまで昇華日本の伝統芸能を演じる

能と対を成す伝統芸能、狂言。冗談やしゃれがベースとなり、庶民感覚のせりふ劇による笑いの芸術だが、その役者である狂言方が狂言師である。現在は、大蔵流と和泉流の2派によって受け継がれている。基本は世襲制度のため、一般の人が入門するのは難しいが、独立行政法人日本芸術文化振興会が手掛ける養成事業で、国立劇場に付属する伝統芸能伝承者養成所が行う能楽三役の一般公募にチャレンジするか、狂言師に弟子入りすることで、狂言師を目指すことができる。

こんな人におすすめ!

狂言を通して笑いを追求し、自己表現を磨いていける人

身体、表情、声を使って表現をすることが得意な人に向いている。狂言の伝統を守りながら、自己表現力を磨いていく必要がある。狂言を通して日常に潜んでいる笑いを演技で表現したい人におすすめだ。世襲制が基本のため狭き門だが、狂言技能の研鑽を受け、長い修業期間を経て一人前の狂言者になるまで前向きに稽古に取り組める人が求められる。

狂言師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:舞台・演劇・舞踊学、語学(日本語)、コミュニケーション学、歴史学、日本文学など
  3. 採用試験就職先:和泉流、大蔵流など
  4. 狂言師
  • Point1

    伝統芸能の後継者養成で、一般社団法人日本能楽会・公益社団法人能楽協会などが協力して新人研修生を募集している。応募時に実技試験と作文がある。

  • Point2

    後継者養成研修を修了して、それぞれの役として就業する。他に研修を経ず狂言師の一門に直接足を運び、就業する形も残されている。

「舞台・イベント」に関する他の職種も
チェックしてみよう!