歌舞伎俳優になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

歌舞伎俳優

どんな職種?

主役級の多くは世襲制。伝統文化の担い手となる

日本の伝統芸能である歌舞伎を演じる仕事。本来は世襲制なので、目指すとなるとかなり狭き門だが、独立行政法人日本芸術文化振興会が手掛ける養成事業として、国立劇場に付属する伝統芸能伝承者養成所が2年おきに行う一般公募によって、門戸は開かれている(応募資格は中卒以上・23歳以下の男子が原則)。あるいは、歌舞伎役者に弟子入りを志願する方法もある。役者の家系ではないというスタートラインから、歌舞伎の基礎を学び、歌舞伎役者のもとへ入門して頭角を現していくのは、相当な時間と稽古を重ねる必要があるだろう。

こんな人におすすめ!

華やかな舞台で輝くために、地道な努力を続けていくことができる人

華やかな芸能や演劇の世界に興味があることだけではなく、大舞台でも堂々とできる、物おじしない性格の人に向いている。また、長い修業期間、真摯に稽古と向き合う継続力が求められる。長く続いてきた伝統芸能で重要無形文化財でもある歌舞伎を継承していくための覚悟も必要だろう。世襲制が主であり、縁者でない人は2年に1回の一般公募で選ばれる。

歌舞伎俳優を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:舞台・演劇・舞踊学、映像、美術、日本文学、歴史学など
  3. 採用試験就職先:興行会社など
  4. 歌舞伎俳優
  • Point1

    伝統芸能継承のために設けられている後継者養成のための研修に応募する。研修の応募資格は、原則、23歳以下で中学を卒業した男子となっている。作文、実技試験、面接に合格すれば新人研修生となる。

  • Point2

    数年の養成研修課程を修了して就業する。それとは異なる方法として、歌舞伎役者の一門に入り修業し、舞台に立つ道もある。

「舞台・イベント」に関する他の職種も
チェックしてみよう!