舞台俳優になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

舞台俳優

どんな職種?

舞台俳優

ステージや劇場で観客に演技を披露する職業

演劇・ミュージカルなどの舞台上で演技をして報酬を得る仕事。観客を前に生で演技をすることがほとんど。オーディション合格後、台本読み合わせ、立ち稽古、衣装合わせ、リハーサルなどを重ねて本番を迎える。出演料を得るためには、商業として成立し得る作品に出演する必要があるが、スポンサーが付き、チケットが確実に売れる劇団や興行ばかりではなく、テレビ・映画俳優、タレント、歌手などと兼業している舞台俳優も多い。

こんな人におすすめ!

ステージ向けの発声や演技。場数を踏んで初めてプロ

録画作品での演技とは違い、広い会場の隅々まで伝わる発声やアクションが求められる。身体表現が好きで、本番で本領を発揮できる度胸のある人が向いている。演出家や共演者、制作スタッフと団結するための協調性も不可欠。いろいろな舞台に出演して収入を得るには場数を踏む必要がある。ミュージカル俳優を目指すなら、声楽と舞踊のレッスンを受けておくとよいだろう。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

舞台俳優を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:舞台・演劇・舞踏学、マスコミ学など
  3. 採用試験就職先:劇団、芸能事務所など
  4. 舞台俳優
  • Point1

    特に資格はないが、普通の声量や表現力では観客の印象に残りにくい。学生時代から演劇の部活やサークルに入って素養を身につけるとよいだろう。

  • Point2

    専門学校の舞台俳優養成コースもあるが、舞台用の演技を身に付け、場数を踏むことが大切なので、大小にかかわらず劇団に所属して経験を積むのがベター。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「舞台・イベント」に関する他の職種も
チェックしてみよう!