楽器製作メーカーで働く人になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第2弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第2弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

楽器製作メーカーで働く人

どんな職種?

楽器製作メーカーで働く人

芸術品のような楽器作りから、普及品の製作・販売まで

さまざまな楽器を手作りする職人的な仕事を想像しがちだが、「新製品の企画・デザイン・設計・営業・販促などに携わる」「人事や総務などバックオフィスから支援する」「大量生産する工場のラインや海外の生産拠点を管理し、信頼のおける部品を専門に作り続ける」など、多彩な働き方ができる。クラフトマン・シップを発揮したいなら、楽器職人に弟子入りする道がある。近年では、デジタル機器やシミュレーターなどソフトウエア作りの道もあり、電子工学や情報処理の方面からアプローチする方法もある。

こんな人におすすめ!

楽器製作に関する専門知識や、チームで行動できる協調性、リーダーシップ

メーカーでは、楽器製作だけでなく、企画や営業、設計・デザインなどさまざまな部門に分かれている。部門によって求められる人材が異なるため、どのような働き方をしたいのかを考えた専門知識の習得が重要だ。また、製作現場をまとめ、チームで行動するリーダーシップや協調性も求められる。

楽器製作メーカーで働く人を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:画像・音響工学、工芸学、美術、音楽、システム・制御工学など
  3. 採用試験就職先:楽器メーカー、工房など
  4. 楽器製作メーカーで働く人
  • Point1

    大手のメーカーになると、楽器製作は部位によって分けられたり、機械で作られる場合もある。自分がどのように携わっていきたいのかを考えて、勉強をするのが望ましい。

  • Point2

    製作現場では、製作以外に修理や調律をする場合がある。そのため楽器全体の幅広い知識が必要だ。また、楽器の電子化も進んでいるため、コンピューターの知識もあると有利である。

「楽器」に関する他の職種も
チェックしてみよう!