音楽の権利関係に関する職業になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

音楽の権利関係に関する職業

どんな職種?

音楽の権利関係に関する職業

アーティストの権利を守りながら音楽著作権ビジネスを成立させる

作曲家や作詞家の著作権など法的な権利を管理し、収入や印税確保の道をきちんと整え、創作活動に専念しやすい環境へと導く仕事。音楽出版社に所属してこの職を担当するケースが多い。そして、音楽出版社はJASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会)やe-Licenseなどと連携し、アーティストの権利を守りながら楽曲の商業利用を促進する。音楽の知識はもちろん、著作権や法令への見識を備え、インターネットなど各種メディアでの楽曲の利用形態を把握することが必要。ビジネス的な視点、判断力が求められる仕事である。

こんな人におすすめ!

著作権や印税、商標などの仕組みを理解することが不可欠

商標や著作権、印税などに関する専門的な知識が求められる職種である。それぞれ独立した知識としてではなく、仕組みや関係性を理解することが重要だ。また、著作権などの法的な権利を適切に管理する管理能力や、メディアでの楽曲の利用形態を把握し、楽曲をどの形態で提供するかを決定する判断力が必要となる。

音楽の権利関係に関する職業を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:法学、マスコミ学、メディア学、音楽など
  3. 採用試験就職先:音楽出版社、作家事務所、芸能事務所、音楽著作権管理会社など
  4. 音楽の権利関係に関する職業
  • Point1

    楽器演奏のスキルは必要ないが、音楽に関する知識は必須だ。また、法律や著作権の勉強も必須である。

  • Point2

    国家資格の「知的財産管理技能検定」を取得しておくと、著作権に関わるさまざまな問題を解決するための、知識やスキルを身に付けることができる。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!