インペグになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

インペグ

どんな職種?

ミュージシャンをアテンドする音楽の制作現場に欠かせない存在

スタジオミュージシャンなどの手配を行う専門の会社や個人のことを指す。コーディネーターやブッキングデスクなどと呼ばれる場合もある。アーティストやバンド、作詞家、作曲・編曲家、プロデューサー、ディレクター、コンポーザーなどから要望を受けて活動する。音楽制作、演奏に必要な音楽家のスケジュール調整、報酬の交渉まで一切を引き受けて紹介・斡旋などの業務を推進。コンサートや舞台、イベント関連学科のある専門学校などを経て、この職を目指すのが一般的。卒業後は音楽業界の人脈を築く努力も肝要である。

こんな人におすすめ!

事務能力と交渉力に加え、音楽業界での人脈を築く努力も肝要

スケジュール調整やギャラ交渉なども行うため、事務能力や管理能力に加えて、交渉力や提案力も必要だ。また、音楽の知識に加えて、音楽業界のトレンドを把握しておくことも重要である。クライアントの要望に合ったミュージシャンを手配できるよう、さまざまなジャンルのミュージシャンやアーティスト、音楽関係者との人脈をつくることが望ましい。

インペグを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:映像、音楽、舞台・演劇・舞踊学など
  3. 採用試験就職先:インペグ会社、フリーランスなど
  4. インペグ
  • Point1

    現役で活躍しているミュージシャンやプロデューサー、ディレクターとのつながりが深い、元ミュージシャンや元マネジャーなどの業界関係者がインペグになるケースが多い。

  • Point2

    インペグ会社によって得意な音楽ジャンルが異なるため、事前に確認しておく必要がある。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!