ボーカルインストラクターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

ボーカルインストラクター

どんな職種?

アマチュアからプロまでを対象に歌唱法や発声法を伝授する

歌手やバンドのボーカリストとして活動したい人に、発声や歌唱法などを教える仕事。「ボイストレーナー」と呼ばれることもある。ミュージシャンだけでなく声楽家や俳優、アナウンサー、ナレーター、声優なども含め、プロ志向の人たちに教えることが多い。また、カラオケなどで上手に歌いたい人たち向けの教室を開いたり、幅広い層が対象となる。発声法、口・喉の使い方、腹式呼吸法、感情表現のコツ、声帯や音域の把握など、声楽や歌唱の経験則をベースに伝授していくことが多いため、歌唱面での実力と実績が大切になる。

こんな人におすすめ!

歌唱法や発声法など生徒の特性を理解しながら指導する観察力

ボーカルインストラクターは別名ボイストレーナーとも呼ばれ、歌唱力があることに加え、呼吸法や発声法、舌、喉の使い方など身体の構造に関する知識が必要な職業だ。また、生徒の個性や声質を見極める観察力も求められる。プロだけでなく歌唱力を上げたい一般の生徒に指導することもあり、幅広い年齢層が生徒となるため、指導法やカリキュラムを臨機応変に変えられる対応能力があると、なおよい。

ボーカルインストラクターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:音楽、教育学、心理学など
  3. 採用試験就職先:ボーカルスクール、ミュージックスクール、劇団、フリーランスなど
  4. ボーカルインストラクター
  • Point1

    音楽系の大学や専門学校で歌唱力を養い、音声学を学ぶほか、ボーカルスクールに入学しインストラクター養成コースを受講することでもスキルを習得できる。

  • Point2

    学校卒業後は、専門学校やボーカルスクールに講師として就職する道のほか、フリーランスとして働く道もある。自身でボーカルスクールを開業することも可能だ。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!