マスターリングエンジニアになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

マスターリングエンジニア

どんな職種?

音源を各メディア規格に合わせ商品レベルへと引き上げる

音楽CD、ラジオ、テレビなど、メディアの規格に合わせた音質を整える仕事。主に音楽CD制作に際し、CDプレス用の規格に調整する仕事が多い。すなわち音源を商品化できるレベルまで仕上げていく役割だ。機材を扱うレコーディングエンジニアとは分業化が進み、別の職種になる。しかし、スタジオによってはレコーディングエンジニアがマスターリングまで行うこともある。この道へは音楽専門学校などで専門知識を学び、レコード会社、レコーディングスタジオ、音楽制作会社などに就職し、腕を磨いていくのが通常ルートだ。

こんな人におすすめ!

音楽の専門知識だけでなく、微妙な音の違いやゆがみ、ノイズを聞き逃さない研ぎ澄まされた聴覚が必須

コードを正確に入力するなど、音楽の専門知識が必要となる。また、微妙な音の違いやゆがみ、ノイズを聞き逃さない鍛え抜かれた音感、集中力も求められる。アーティストが表現したい楽曲の雰囲気をくみ取りながら、楽曲や各楽器の音圧調整も重要だ。また、CDの制作では音圧や音質の調整だけでなく、アーティスト名やアルバム名などの楽曲情報のマスターデータをミスせずに入力する注意深さもあるといい。

マスターリングエンジニアを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:音楽、画像・音響工学、電子工学など
  3. 採用試験就職先:レコード会社、音楽制作会社、原版制作会社、フリーランスなど
  4. マスターリングエンジニア
  • Point1

    「サウンドレコーディング技術認定試験」を受験することで、マスターリングエンジニアとしての技術の証明が可能だ。

  • Point2

    大学や専門学校を卒業後、CDの制作会社やレコード会社に就職するのが一般的だ。アシスタントとして技術や経験を学んだのち、フリーランスとして活躍する人もいる。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!