レコーディングプロデューサーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

レコーディングプロデューサー

どんな職種?

CD・ネット配信など音楽制作における全体管理と総監督

CD・ネット配信・レコード用の音楽を制作する際に、企画、宣伝、販売、作詞家・作曲家・演奏者などのスタッフ人選、ジャケットデザイン、印刷、プレス、制作費管理など、全ての責任者であり、プロデュースを担当するのがレコーディングプロデューサー。音楽大学や音楽専門学校を卒業し、レコード会社や音楽制作プロダクションに就職して、アシスタントプロデューサーとして経験を積み、プロデューサーにステップアップする道が一般的。音楽の専門知識はもちろん、ミュージシャンの実力、将来性、商品価値などを把握し、市場を見据えて「売れる曲」を提案できる能力が必要とされる。

こんな人におすすめ!

情報収集能力とマネジメント力が高い人

世の中の流行やニーズを的確にキャッチする情報収集力が求められる。楽曲イメージを視覚化するジャケットやミュージックビデオの制作に関わることもあるため、印刷や映像制作に関する知識や人脈があることが望ましい。また、スタッフやアーティスト、プロモーターなど関係各所との交渉力やマネジメント力も重要なスキルだ。

レコーディングプロデューサーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:音楽、コミュニケーション学、商学など
  3. 採用試験就職先:レコード会社、音楽出版社、芸能プロダクションなど
  4. レコーディングプロデューサー
  • Point1

    レコーディングに関するコースがある専門学校は、専門知識を養うことができる。また、ミュージシャンからレコーディングプロデューサーに転身する道もある。

  • Point2

    複数のミュージシャンを担当することが多いため、それぞれのミュージシャンに応じたプロデュースができる対応力が必要だ。

「レコーディングプロデューサー」について学べる学校
「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!