写譜屋(しゃふや)になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

写譜屋(しゃふや)

どんな職種?

写譜屋(しゃふや)

スコアを各楽器パート譜面に直し演奏しやすく楽譜を浄書(清書)

編曲家が書いた楽譜やオーケストラの指揮者が使うスコア(総譜)を、それぞれの楽器別パートに書き写す仕事。写譜技術者、ミュージックコピイストとも呼ばれる。また、手書き譜面をきれいに演奏しやすく浄書(清書)したり、最近ではコンピューターへのデータ変換なども行う。多くのプロは、音楽制作プロダクションやオーケストラなどに所属しており、音楽大学や音楽専門学校出身者が多い。なお、音楽大学には写譜のアルバイト依頼がくることもあり、そこで気に入れられて、そのままプロになることも少なくない。

こんな人におすすめ!

楽器や音楽理論の基礎知識とレイアウト力、集中力が求められる

音楽の基礎知識は必須で、見やすい楽譜を書くためには、手先の器用さや細かい作業を持続できる集中力が必要だ。パソコンの楽譜作成ソフトを扱うスキルがあると、仕事の幅が広がるだろう。また、長い楽譜やパートの多い楽譜を写譜する際は、何人かで分担作業をするため、メンバーをまとめる統率力や協調性、スケジュールの進行をチェックするなどの管理能力も求められる。

写譜屋(しゃふや)を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:音楽、舞台・演劇・舞踊学など
  3. 採用試験就職先:楽団、音響制作会社、楽譜出版社など
  4. 写譜屋(しゃふや)
  • Point1

    音楽系の大学や専門学校で音楽理論を学んだ後、写譜専門の会社に就職するのが一般的である。アルバイトで写譜をこなし、実力を認められ写譜屋として仕事を任せられるケースもある。

  • Point2

    正確に譜面を写すだけでなく、速さも求められるため、効率的に写譜を行う技術を磨くといいだろう。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!