オーケストラ団員になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

オーケストラ団員

どんな職種?

クラシックの素晴らしさを全国に伝える交響楽団の一員

交響楽団のメンバーとして演奏する。入団は欠員が出た楽器ごとにオーディションが行われることが多い。音楽大学などではオーケストラはもちろん、多様な編成のアンサンブルのカリキュラムが組まれている。豊富な経験を持った指導者や切磋琢磨する仲間と出会うきっかけにもなるだろう。交響楽団では数多くのコンサートが行われ、演奏される曲もさまざま。大きなホールから地方の学校訪問まで、幅広い企画が組まれることも多いので、コンディションの管理やバリエーションに富んだ演奏への対応力に加えて、クラシックの素晴らしさを広く世の中に広めたいという強い気持ちが求められる。

こんな人におすすめ!

指揮者の指示を理解しつつ、自分なりの解釈で表現する演奏技術と協調性

バイオリンやトランペットなど、オーケストラで必要とされる楽器について、演奏技術が優れていることが必須。また、集団の中で皆と一緒に音楽を作り出すという協調性も必要だ。指揮者や作曲者、楽曲の意図をくみ取りつつ、自分なりの楽曲解釈と表現力が求められる。国内だけでなく、国外でも活躍のチャンスがあるため、語学力があることが望ましい。

オーケストラ団員を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:音楽、舞台・演劇・舞踊学など
  3. 採用試験就職先:楽団、オーケストラ楽団、市民楽団など
  4. オーケストラ団員
  • Point1

    海外留学や海外の楽団での演奏を目指すのであれば、演奏技術や語学力はもとより、タフな精神力が必要だ。

  • Point2

    団員の募集があった場合、各オーケストラ楽団のホームページにオーディション情報が掲示される。募集が出るタイミングを逃さないよう、こまめにチェックしておくのがいいだろう。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!