クラシック演奏家になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

クラシック演奏家

どんな職種?

観客の心を魅了するソリストとしてクラシックを奏でる

クラシックのジャンルにおいて、ソロで演奏する機会のあるソリストのことを指す。演奏に関しては、ピアノ、バイオリン、チェロ、フルートといった楽器演奏者がソリストに選ばれることが多く、スタジオ録音のCDを発表することもある。海外留学やコンクールでの受賞などの経験を重ねることで、実績が評価されることが多い。交響楽団のメンバーから選ばれる場合もあるが、オーディションを開催して広く募集することもある。オーケストラとの共演にも見劣りしない堂々としたソロを演奏することで、観客の心を魅了することができる。

こんな人におすすめ!

クラシックの高い演奏技術を持ち、ソリストとして演奏できる実力を磨く

コンサートやスタジオでソロ演奏をしたり、オーケストラと共演したりするため、個人としてのスキルだけではなく、チームとの協調性も必要になる。使用する楽器の演奏技術や知識について専門教育を受け、高い演奏技術を身に付けていることが望ましい。演奏家の中でも、ソリストは特に技術が必要とされており、楽団員として実績を積む、コンクールに入賞する、著名な演奏家やオーケストラと共演するなどして高い評価を得ることが大事だ。

クラシック演奏家を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:音楽、舞台・演劇・舞踊学、文芸学など
  3. 採用試験就職先:オーケストラ楽団、音楽プロダクション、フリーランスなど
  4. クラシック演奏家
  • Point1

    音大や音楽系の専門学校、あるいは専門の民間スクールで演奏技術を磨くことが第一歩。プロとして活躍するのは狭き門となっているため、学ぶ先も慎重に吟味して決めたい。

  • Point2

    世界の各地でコンサートを開いたり、海外のオーケストラに所属するなど、クラシック演奏家の中には海外で活躍する人もいる。海外留学も一つの道だ。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!