楽器演奏家になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

楽器演奏家

どんな職種?

プロとして楽器を演奏し観客を感動に導く仕事

プロとして楽器を演奏する人を指す。弦・管・打楽器など多種類の楽器があり、演奏するスタイルもソロ、バンド、オーケストラなど多様である。演奏者として観客を魅了するためには、基礎となる演奏レベルや音楽知識はもちろん、パフォーマーとしての個性も必要である。自分に合った楽器を日々レッスンし、他のミュージシャンの演奏にも積極的に耳を傾け、音楽を含めたアート全般のさまざまな表現に触れることで、演奏に個性と説得力が生まれる。

こんな人におすすめ!

求められている音色を把握し、期待通りの演奏をする理解力と表現力が重要

楽器の高い演奏技術や音楽的知識はもちろん、幅広いジャンルに関する知識や、音楽のトレンドに敏感であることが望ましい。聞き手や指揮者、作曲家が、どのような音色を求めているのかを把握し、期待通りの演奏をする理解力とそれを表現するための表現力が必要だ。

楽器演奏家を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:音楽、舞台・演劇・舞踊学、映像、文芸学、メディア学など
  3. 採用試験就職先:楽団、芸能事務所、音楽スタジオ、警察音楽隊、陸海空自衛隊音楽隊、フリーランスなど
  4. 楽器演奏家
  • Point1

    楽器の演奏技術が最大のポイント。高名な演奏家のもとでの修業実績やコンクール入賞歴があると演奏技術の証明になる。

  • Point2

    楽団は欠員がなければ募集が出ないことが多いが、講師など演奏技術を指導する仕事の需要は高い。スタジオミュージシャンなどの仕事も経験を積むチャンスである。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!