サックスプレイヤーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

サックスプレイヤー

どんな職種?

ジャズを中心に活躍。変化を付けた演奏で個性の表現も

繊細な音色の変化付けが可能なサックスを演奏する。アルトやテナーの代表的な形状・音色に加え、主旋律を奏でることの多いソプラノや、力強い低音がアンサンブルに深みを与えるバリトンの4種がポピュラーだ。ポップスやクラシックなど多様なジャンルで取り入れられるが、ソロのレパートリーが最も多く、プレーヤーの表現力が生きるのはジャズだろう。スイングやシンコペーションなど、ジャズ特有の要素によって演奏者の個性を表現することができる。オリジナルな魅力を発揮するためにも、しっかりとした演奏力や知識を身に付ける必要がある。

こんな人におすすめ!

さまざまな音楽ジャンルに精通し、アドリブ力が求められる

ポップス、ジャズ、ロックなど多くの音楽ジャンルに使われることが多いので、幅広い音楽に関する知識が求められる。サックスの演奏技術に加え、楽曲のコピーだけでなく、アドリブで演奏するアレンジ力も必要だ。ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4種類のサックスが代表的な種類となるが、複数の種類のサックスを吹けることで、仕事の幅や表現の幅を広げることが可能だ。

サックスプレイヤーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:美術、音楽、教養学など
  3. 採用試験就職先:音楽教室、音楽スタジオ、レストラン、バー、フリーランスなど
  4. サックスプレイヤー
  • Point1

    サックスだけでなく、クラリネットやフルートなど他の楽器の演奏技術を習得しておくと、スタジオミュージシャンなどで活動する際に有利となる。また、スキルアップには呼吸法の訓練や肺活量を鍛えることも必要だ。

  • Point2

    音楽系の大学や専門学校で基礎知識や演奏技術を磨くだけでなく、在学中から積極的にコンクールや演奏会に足を運ぶと演奏技術の向上につながるだろう。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!