シンガーソングライターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

シンガーソングライター

どんな職種?

作詞・作曲・歌手・演奏をこなし自身の作品を多くの人に届ける

作詞・作曲した作品を、自らが歌い手となって披露する。ギターやピアノの演奏を兼ねることが多い。ライブハウスや路上での活動やオーディションなどで作品を広くアピールすることが重要だが、作家として別のミュージシャンに作品を提供することも。詞・曲のセンスを磨いていくのはもちろん、ボーカリスト・演奏者としてのテクニックも問われる。自作で音源・CDを制作する場合は、音楽ソフトをパソコンで操作する必要がある。自分の作品の世界観をつくり上げながら、現代の国内外の音楽ニーズを読み解くことも欠かせない。

こんな人におすすめ!

作詞・作曲などの音楽センスと、自分を売り込むための自己プロデュース力を持っている

人をひきつけられる歌詞や楽曲作りをする音楽センス、歌唱力が必要だ。そのためには音楽理論や作曲技術が求められる。さらに、知識だけでなく楽器を演奏しながら歌うテクニックも重要。また、どうやって売り出していきたいのか、多くの人に知ってもらうためにはどうすればいいのかなどの、自己プロデュースを考え実行できる行動力のある人に向いている。

シンガーソングライターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:音楽、文芸学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:音楽制作会社、音楽スタジオ、音楽学校、フリーランスなど
  4. シンガーソングライター
  • Point1

    歌詞を書くには、文章力や表現力も必要だ。また、英語能力もあれば作品の幅が広がるだろう。

  • Point2

    音楽事務所へ売り込み、歌唱力や音楽性を認めてもらうことが重要である。音楽の知識や技術を身に付けたら、積極的に音楽関連のイベントへ参加して自分をアピールしていこう。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!