スタジオミュージシャンになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

スタジオミュージシャン

どんな職種?

アーティストやCMソングの収録で参加依頼を受けて演奏力を発揮

アーティストのレコーディングに参加したり、CMソングのレコーディングに加わる楽器演奏者やバックグラウンドボーカルなどを指す。レコード会社などに属して活動する場合や音楽プロデューサーなどの人脈を生かして、会社に属さずに活動する場合がある。本人でなく、他のアーティストや企業広告用の作品に参加する形で演奏するため、音楽的なニーズも多様である。高い演奏能力はもちろん、初めてのミュージシャンたちとも即座に息を合わせることのできる音楽センスが求められる。用意された楽曲を演奏することが多いので、自分なりのアレンジを加えられることも評価につながる。

こんな人におすすめ!

さまざまなアーティストに信頼される、マルチな演奏能力

さまざまなジャンル・難易度の曲に対応できる演奏力を持っていることが必須である。アレンジや編曲のアイデアを求められる場合もあるため、自分で作曲・編曲できる能力があると重宝されやすい。スタジオで会ってすぐに収録開始、という流れも珍しくない現場では、即座に他のミュージシャンと打ち解け、現場を盛り上げて演奏を始められるコミュニケーション能力も求められる。

スタジオミュージシャンを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:音楽、メディア学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:レコード会社、芸能プロダクション、フリーランスなど
  4. スタジオミュージシャン
  • Point1

    幅広い音楽知識と演奏テクニックはもとより、現場で初見演奏を行うことも多いので、譜面を読む力も必要だ。

  • Point2

    レコード会社や芸能プロダクションに合格した場合は、契約手続きを行う。フリーで仕事を行う場合もある。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!