地図編集者になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

地図編集者

どんな職種?

地図に必要な情報を選定総合的に制作を進行していく

縮尺などによって異なる情報を整理して、正確かつ目的に合った地図を作っていく。制作する地図1ページ(1枚)に求められる情報量を考慮して、最適と思われるトリミング(図郭)や文字のサイズや種類、全体の色のバランスを決定する。区・市・町・村、山や河川などをどの程度掲載するのかも選定。地図制作者に指示を出すなど、総合的に作業を進行していく。また将来の地図制作のために、道路や地形の変更に伴うデータの修正やメンテナンスも行う。主に地図専門出版社やパンフレットなどの印刷物制作会社で活躍する。

こんな人におすすめ!

地図学に優れ、空間把握能力のある人物が求められる

地図そのものに対する知識が必要で、地理学を学んでいる人におすすめ。時代の移り変わりに伴って正確な地図に修正していけるよう、空間把握能力も必要だ。実際に地図の編集作業を行うためのDTP技術・デザイン能力や、制作者に指示を出したり管理する統率力も要求される。

地図編集者を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:地理学、地域社会、デザインなど
  3. 採用試験就職先:地図専門出版社、印刷物制作会社、フリーランスなど
  4. 地図編集者
  • Point1

    「測量士」や「測量士補」の資格があると就職に有利になる。どのような地図が読みやすく使いやすいのか、普段から地図を見て情報収集を行うこともしておきたい。

  • Point2

    大学や専門学校を卒業後、地図専門出版社や印刷物制作会社に就職するのが一般的だ。地図に関する部門に入って、地図編集者として経験を積む。

「本・雑誌・新聞」に関する他の職種も
チェックしてみよう!