著作権エージェントで働く人になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

著作権エージェントで働く人

どんな職種?

ヒット作を海外に広く探し求め出版契約をまとめる仕事

海外の書籍を日本で出版する際には、著者や編集者と著作権契約を行う必要がある。両者の仲介を行うのが主な業務だ。出版社から仲介を依頼されることもあるが、エージェントが海外の書籍の版権を売り込むことも。日本でヒットしそうなテーマの書籍の情報を、海外で開催されるブックフェアなどで集めて、日本語にまとめたものを出版社に提案していく。出版が決まると、海外の権利者との契約を結び、印税などの支払処理、献本などを行う。流行を見抜く目や契約をまとめる能力を磨けば、ヒット作を生み出すことも可能だ。

こんな人におすすめ!

出版事情や著作権法に詳しく、交渉術や語学力に長けた人

国内や海外の出版事情や著作権法などに関連する法律の知識が必要とされる。また、知識を踏まえて、双方にメリットを説明できる交渉術に優れていると契約をスムーズにまとめやすい。自ら海外の著者や出版物を発掘して、日本の出版社に持ち込むこともあり、編集者としての視点も持っていると役立てることができる。海外の出版社と取引を行う場合など、英語での交渉が多いため、ビジネス英語能力を持った人が望ましい。

著作権エージェントで働く人を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:文芸学、法学、商学など
  3. 採用試験就職先:著作権エージェント会社、出版社、映像関連会社、フリーランスなど
  4. 著作権エージェントで働く人
  • Point1

    大学で法律や著作権、あるいは出版について学んでおくと、就職の際に有利となるだけでなく、実際に仕事を始めてからもその知識が役に立つことがある。

  • Point2

    大学や専門学校を卒業後、著作権エージェント会社に入社するのが一般的。出版社などの関係業務から転職したり、フリーランスのエージェントとして契約したりする方法もある。

「本・雑誌・新聞」に関する他の職種も
チェックしてみよう!