同時字幕制作者になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

同時字幕制作者

どんな職種?

高齢者や聴覚障害者のためにテレビの音声を瞬時に字幕化

携帯電話などで利用できる、ワンセグやデジタルテレビ、講演会などリアルタイムに字幕化するために活躍する職業。映画の字幕・翻訳とは役割が大きく異なる。主に高齢者や聴覚障害者のために必要とされる。話し手のスピードと同じ速さで字幕化するため、300字以上の入力を1分間でこなさなければならない。言葉や発音を正確に聞き取って入力する技術や集中力、同音異義語を瞬時に理解し、正しい漢字へと当てはめる。雇用形態は正社員から在宅までさまざまだが、多くは映像会社や字幕制作会社、速記事務所などに所属する。

こんな人におすすめ!

日本語の正確さ、タイピングの速さに自信がある人は適性あり

テレビ番組の音声をリアルタイムで字幕化していくために、話す速度と同じくらいの速さでタイピングできる能力が必須である。加えて、言葉を正確に聞き取って入力するには、日本語の正しい理解、人の声を聞き取る訓練、集中力の持続などが必要になる。事前に専門用語の勉強をし予備知識を蓄え、入力する情報の正確性を担保することも重要だ。同音異義語を瞬時に理解し、正しい漢字を当てはめることができるなど、国語力が高い人材が求められる。さらに独自のキーボードを使用するため、そのキーボードの扱いに慣れておくといいだろう。

同時字幕制作者を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:日本文学、文芸学、マスコミ学、メディア学など
  3. 採用試験就職先:字幕制作会社、速記事務所、映像関連会社など
  4. 同時字幕制作者
  • Point1

    民間の団体が主催する「スピードワープロ技能検定」などを取得することで就職の際にアピールすることができる。

  • Point2

    専門学校で、特殊なキーボードでのタイピングなど専門的な技術を身に付けてから、字幕制作会社や速記事務所などに就職する人も多い。

「本・雑誌・新聞」に関する他の職種も
チェックしてみよう!