広告業界で働く人になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

広告業界で働く人

どんな職種?

広告は多彩な専門技術が融合し企業と人々を結び付ける

広告業界では、テレビ、ラジオや新聞、電車、看板、映画の予告編、インターネットや携帯電話などの広告やCMを企画・制作する。広告会社は企業から業務を請け負い、要望に合った企画案をアートディレクター、コピーライターたちに発注。その後、制作側のプロデューサーやディレクターによって、撮影や編集などの作業が行われる。さらに、予算や日程を管理する営業、生活者の動向を調査するマーケティング業務など、ユーザーに訴える作品を生み出すため、多彩な専門技量を持つ人たちが働き、広告業界は成り立っている。

こんな人におすすめ!

広告に対するアンテナ力、現場で重要とされる想像力と協調性が大切

新しい商品やサービスに関する情報を人々に伝えるには大勢の力が必要になり、協調性も求められる。制作面に関わる場合は計画から手順、準備までしっかりイメージでき表現に結びつけていくことのできる人材が望ましい。人前で話すことやポジティブな判断が得意な人には営業職もおすすめだ。

広告業界で働く人を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:マスコミ学、メディア学、デザイン、映像など
  3. 採用試験就職先:広告代理店、広告制作会社、広告デザイン会社、マーケティング会社など
  4. 広告業界で働く人
  • Point1

    広告会社は依頼主から業務を依頼されると、広告プランナーが依頼主の要望やイメージを具体化する企画案を作成し、アートディレクターなどに発注する。その後、プロデューサーやディレクターによって制作、調整するのが一般的だ。

  • Point2

    レタリング技能検定において上級を取得し、デザイン会社や印刷会社などへ就職した場合、資格手当の対象となるケースもある。紙面でのレイアウトデザインや写真の編集などができると、キャリアアップも可能となる場合がある。

「本・雑誌・新聞」に関する他の職種も
チェックしてみよう!