校正者になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

校正者

どんな職種?

間違いを修正して読みやすくあらゆる出版物に不可欠な仕事

新聞、本、雑誌、広告など印刷物の制作において、誤字や脱字、用語の間違いなどの訂正、また、印刷状態のチェックをする専門家。校正には、原稿と印刷物を照合して一字一句正確に校正する「文字校正」と、原稿を見ないで誤りや適切でない部分をチェックする「素読み」、色の出具合や版ずれなどを訂正する「色校正」がある。文字や言葉についての知識はもちろん、印刷技術やレイアウトに関する理解、間違いを見つけるための集中力や経験が必要。新聞社や出版社、印刷会社などに勤務するほか、フリーランサーの校正者として活動できる。

こんな人におすすめ!

文字に対する高い集中力と注意力、それを支えるリサーチ力に優れている

膨大な量の文字をチェックするので、注意力や集中力が必要となる。さらに、原稿に事実誤認がないか確認する必要があることから、そのほかの書籍や辞典、インターネットなどで調べる情報収集能力もあると望ましい。自分の知らない分野でも興味を持って調べられる人が求められる。

校正者を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:日本文学、文芸学、メディア学、社会学、情報学など
  3. 採用試験就職先:出版社、新聞社、校正会社、印刷所など
  4. 校正者
  • Point1

    校正技能検定を取得しておくと就職の際に優遇されることがある。校正技能検定は日本エディタースクールが実施しており、初級、中級、上級がある。校正に関する数少ない資格でもある。

  • Point2

    出版社や印刷会社に就職し、校正部署に配属される以外に、中小の出版社などでは、編集者を兼ねることもあり、編集者として就職しても校正の職に進むことは可能である。

「本・雑誌・新聞」に関する他の職種も
チェックしてみよう!