POPライターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

POPライター

どんな職種?

手作りで顧客の心に訴える販売に欠かせない店頭広告を作成

手描き文字やイラストを使用し、店頭販売用の広告・値札を作成するのがPOPライターだ。スマートな百貨店の売り場よりも、小売店、スーパー、ドラッグストア、電器店などの賑やかな売り場作りで活躍。商品の魅力をどう説明するのか、訴求ポイントを整理するのか、それを考えて作業に着手。太い文字をフチで囲んだり、ハイライトを入れたり、ラミネートを作ったり、客が商品に気付いて購入意欲が刺激されるようにする。商品の特性と消費者のニーズを読み取り、的確に表現するイラストや文字装飾の技量を高めたい。

こんな人におすすめ!

デザイン力と言語力の両方が必要とされる

訴求力の高いPOPを作成できるデザイン力や描画力が求められる。また、商品やサービスの魅力を分かりやすく伝える言語力も重要だ。POP作成に必要なペンやマーカー、ラミネートなどの特徴を把握しておくことが望ましい。さらに、依頼者のニーズだけでなく、消費者の目線で商品やサービスを考えられる柔軟な発想力のある人におすすめだ。

POPライターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:デザイン、美術、心理学、文学、言語学など
  3. 採用試験就職先:スーパー、小売店、百貨店、フリーランスなど
  4. POPライター
  • Point1

    民間資格である「POP広告クリエイター技能審査試験」や、「POPデザイナー認定試験」に合格することで、POP制作のスキルを証明することが可能だ。

  • Point2

    在学中に美術やデザインなどを学び、色彩感覚やバランス感を身に付けておくと実務に役立つだろう。

「本・雑誌・新聞」に関する他の職種も
チェックしてみよう!