音響スタッフになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

音響スタッフ

どんな職種?

テレビ番組の「音声」を担当。収録だけでなく編集も行う

テレビ番組の制作で、音声を担当する仕事。スタジオ収録で使うピンマイク(出演者の胸元に付けるもの)や、ロケ収録で使うガンマイク(長い持ち手が付いているもの)など、状況に即したマイクを使用して音声を録音する。ただし、マイクの種類によって音量や音質は異なり、さらに出演者によって声の大きさも異なるため、収録した音声をそのまま番組に使うことはできない。そこで、編集作業においてBGMや効果音などとのバランスを確認しつつ、各音声の調整を行うことも重要な仕事。裏方だが専門性が高い仕事といえる。

こんな人におすすめ!

注意力と集中力を持ち、チームワークを重視した動きが重要

いい音を録るマイクの位置を探すだけでなく、カメラや演出の妨げにならないように、カメラマンやディレクターと意見を交換しながら仕事を進める必要がある。そのため、周囲の動きに合わせて瞬時に自分の行動を判断できる、チームワークを重視した動きが重要視される。また、テレビ制作の現場で出演者のせりふを録音する仕事は、失敗が許されない局面が多く、細心の注意と万全の準備で臨める注意力と集中力も求められる。

音響スタッフを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:美術、音楽、教養学、総合科学など
  3. 採用試験就職先:イベント制作会社、音響専門会社、電気設備工事会社など
  4. 音響スタッフ
  • Point1

    音響に関する知識が学べる大学や専門学校に進学すると、専門知識と技術および業界情報を習得しやすい。また、業界とつながりも深いため就職のサポートを得られる場合もある。

  • Point2

    番組制作会社や音響スタッフが所属するプロダクションなどに採用されて、アシスタントとして働き始めるのが一般的。中途採用を実施したり、アルバイトから正社員へ登用したりする会社もある。

「映画・テレビ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!