ロケコーディネーターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

ロケコーディネーター

どんな職種?

最適なロケ地を探し出し撮影交渉や許認可申請を行う

映画やテレビ、CM、雑誌などの撮影をスタジオ外で行う場合に、最適なロケ地(撮影場所)を探すのが仕事。例えば、「雰囲気のよい街角」「見晴らしのよい丘」といった抽象的なリクエストであっても、そこに込められた細かいこだわりや撮影に求められる条件を理解し、実現できる場所を探し出す。実際に撮影が決定した場合は、ロケ地との交渉や地元警察への許認可申請などの事務作業も請け負う。また、中には海外に長く在住し、日本から来る制作スタッフのコーディネーションを個人で手広く請け負う人もいる。

こんな人におすすめ!

ロケ撮影の準備全般における業務を、スムーズにこなせる段取りの良さを持った人

映画やドラマ、CMにおいてロケ撮影を行うときの準備において、情報提供や許可取り、交渉やスケジュール管理といった業務をスムーズにこなせる段取りのよさが求められる。ロケ撮影での決まりや法律についての知識があることが望ましい。また、海外でロケをコーディネートすることもあり、語学の経験や資格を生かしたい人にもおすすめだ。

ロケコーディネーターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:観光学、コミュニケーション学、語学(外国語)、語学(日本語)など
  3. 採用試験就職先:コーディネーター派遣会社、フィルムコミッション、フリーランスなど
  4. ロケコーディネーター
  • Point1

    日本や世界を旅行して各地のロケーションに関する知識を深めておくといい。海外ロケコーディネーターを目指すなら、外国語の習得も必須である。

  • Point2

    ロケコーディネーションの会社に就職するのが一般的な進路だが、各地のロケーションに詳しくなる旅行業界や、ロケ地の所有者との交渉などをスムーズに行える点で、営業職からの転職という道も考えられる。

「映画・テレビ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!