ラジオ業界で働く人になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

ラジオ業界で働く人

どんな職種?

ラジオ業界で働く人

多局化・多様化するラジオの世界。新しい風を吹き込める人が活躍

ラジオの世界は、ニッポン放送、文化放送などのAM局と、東京FMを中心としたJFN系のネットワークをはじめ、FM横浜、J-WAVE、NACK5などの独立局もある。1本のラジオ番組をオンエアするために、スタジオ内にパーソナリティーやDJ、そのガラス越しにディレクター、音声をコントロールするミキサー、ディレクターをサポートするAD、台本を書いた放送作家がいる。それぞれの役割が異なるが、今後もインターネットと融合する企画が増え、高い聴取率(レイティング)獲得を目指す動きも加速していく兆しが見える。

こんな人におすすめ!

分刻みで進行する番組制作を支えるのは、時間を守る細やかな配慮

AM放送、FM放送を問わず、ラジオ番組の制作には多くの人が関わっており、仕事によって求められるスキルや能力も異なる。ただ、どの職種も、分刻みのスケジュールで進行する番組を円滑に放送できるよう、時間を厳守する管理能力と、チームで一丸となって動く協調性が必要とされる。時間を守るきっちりとした性格で、他の人と連携しながらものごとを進めるのが得意な人に向いている。

ラジオ業界で働く人を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:社会学、メディア学、マスコミ学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:ラジオ局、番組制作会社、フリーランスなど
  4. ラジオ業界で働く人
  • Point1

    普段からラジオ番組をたくさん聞き、高校放送コンテストなどに関心を持つとラジオ業界に詳しくなることができる。学校で放送関係の部活に所属すれば、放送の基礎知識や機器の操作を覚えられる。

  • Point2

    ラジオ局の局員や制作会社の社員は、入社試験を受けて採用へ至るのが一般的なコース。職種によっては、専門のプロダクションに所属したり、フリーランスで働いたりする場合もある。

「映画・テレビ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!