テレビディレクターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

テレビディレクター

どんな職種?

テレビディレクター

テレビ局や制作プロダクションにおける番組制作現場の責任者

テレビ番組の制作現場で、テレビディレクターは全体を指揮する存在。映像収録、キャスティング、編集など全てに関わり、番組立ち上げの企画立案、予算管理に携わる場合もある。実際に番組の多くをつくっているのは、テレビ局外部の制作プロダクションのため、新人はアシスタントディレクター(AD)として、まず現場の仕事を覚えるケースが一般的。一人前になり、自分が思うような番組を制作し、人気や視聴率の高い番組を扱えるようになるとやりがいは増す。

こんな人におすすめ!

多様なテレビ番組の構成。統括できる下地は幅広い知識と好奇心

番組制作のノウハウは、アシスタントからスタートし、実務を覚えていくのが一般的。雑用を含めてロケの手配や出演者との打ち合わせなど、数多い経験を重ねる。映像編集は、専門の映像編集者が担うが、映像全般の知識を持ち合わせているのがベター。さまざまなスタッフを束ねる立場なのでリーダーシップも重要。さらに、視聴者に飽きられない番組をつくるためには、幅広い知識や好奇心を持つことが大切だ。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

テレビディレクターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:マスコミ学、映像、政治学など
  3. 採用試験就職先:テレビ局、番組制作会社など
  4. テレビディレクター
  • Point1

    大学の映像コースや映像について学べる専門学校で、基本的な映像編集を学ぶと役立つ。「映像音響処理技術者資格認定試験」という名称の資格もある。

  • Point2

    番組の多くはテレビ局の外注先がつくっている。就職先として代表的なのは、番組制作会社や制作プロダクションとなる。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「映画・テレビ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!