制作助手になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

制作助手

どんな職種?

映画の撮影現場において諸雑務を担う仕事

制作担当の助手として働くのが仕事。制作担当の仕事自体が映画製作において、予算管理面の役割を担うことが多いが、その「助手」に当たるのが制作助手の仕事内容だ。しかし、映画作りの現場の空気に触れ、臨場感ある撮影シーンを間近に見られる仕事であることに変わりない。撮影スタッフに弁当を配ったり、ちょっとした買い出しに走ったりといった雑用も行うが、映画業界の志望者にとっては撮影現場の様子を感じ取れる貴重な機会となる。映像系の学部で学ぶ大学生でも、アルバイトで制作助手をするチャンスはある。

こんな人におすすめ!

プロデューサーと同じ視点で映画を捉え、現場で周囲の要求に迅速に応えられる

映画プロデューサーと同じビジネスの視点で映画を考えられて、目上の者からの要求に迅速に応えられる対応力が求められる。きめ細やかな気配りができることも重要だ。自分自身がスキルアップしていくための向上心や、現場でのさまざまな実務に対して積極的に取り組んでいく姿勢があるとよい。

制作助手を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:映像、メディア学、マスコミ学など
  3. 採用試験就職先:映像制作会社、映画製作会社、テレビ局など
  4. 制作助手
  • Point1

    映画関係の学科がある大学や専門学校で知識・知見を深めたり、アルバイトとして制作現場を経験しておくと就職の際にアピールポイントになることもある。

  • Point2

    大学や専門学校を卒業後、映像制作会社や映画製作会社、テレビ局などに入社する道が一般的。アルバイト採用の場合もあるので、関連する求人情報はこまめにチェックするといい。

「映画・テレビ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!