マジシャンになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

マジシャン

どんな職種?

「タネ」と「仕掛け」で勝負。華麗な手品で人々を楽しませる

指先の素早いテクニックを駆使し、目の錯覚、心理的なトリックも使う手品で人々を楽しませる。「タネ」になるアイデアと、「仕掛け」を実践する技術が、この仕事の肝である。プロとしてやっていくためには、日々の研究と鍛錬の積み重ねが欠かせない。また、観客の前で披露する芸であるため、話芸やコミュニケーション能力も必要となる。働き方としては、オーディションを通じて芸能事務所に所属するのが一般的。ベテランは個人で営業活動を行う人もいる。イベント出演、ホテルや飲食店などのショーが仕事の中心となる。

こんな人におすすめ!

人を楽しませるエンターテインメント性と勤勉さが求められる

マジシャンは、トリックを駆使して人を楽しませるエンターテインメント性のある人に適している。まずはマジックそのものの研究が必要不可欠であり、それを商材とすることができるまでの技術力を身に付けることが求められる。また、自分を売り込む営業力と、ほかのマジシャンとの差別化を図り、日々の鍛錬を怠らない努力も重要だ。

マジシャンを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、舞台・演劇・舞踊学、心理学など
  3. 採用試験就職先:派遣会社、芸能事務所、フリーランスなど
  4. マジシャン
  • Point1

    プロマジシャンが行っているマジックの教室やオンラインスクールなどに参加をして、技を勉強する。他には目標とするマジシャンのアシスタントをし、キャリアを積んでいく方法もある。

  • Point2

    人材派遣会社や芸能事務所などに登録をし、営業活動を行い、テレビやショーなどに出演する。初めはレストランやマジックバーなどで実績を積んでいき、その後、ステージやショーに出演するのが一般的。

「映画・テレビ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!