映画俳優になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

映画俳優

どんな職種?

高い技術と集中力を発揮し映画の登場人物を演じきる

映画の登場人物を演じるのが仕事。監督、撮影、照明、録音など、数多くのスタッフが総力を結集して映画を作るが、俳優には登場人物を正確に演じきる技術や集中力が求められる。ただし、往年のスターが活躍していた日本映画の全盛期とは異なり、現在では映画だけに出演する俳優の数は少なく、テレビ俳優との垣根がほぼない状況。演技を専門的に学べる大学や専門学校で基礎的な技術を習得し、卒業後は芸能プロダクションに所属したり、公募オーディションを通じて出演チャンスをつかむなど、デビューへの努力は必要だ。

こんな人におすすめ!

演技力に加え映画の世界をイメージする想像力が必要

映画を鑑賞している人を引き込む演技力に加えて、役になりきるためや映画の世界観をイメージするための想像力や時代背景に関する知識も求められる。時に人間観察力も必要となるだろう。監督の求めるイメージを理解する洞察力や、自分以外の役や関係性を理解することも重要だ。

映画俳優を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:文芸学、語学(外国語)、舞台・演劇・舞踊学など
  3. 採用試験就職先:芸能事務所、劇団、養成所など
  4. 映画俳優
  • Point1

    演技力だけでなく、発声練習やダンス、楽器演奏など、役柄によってさまざまなスキルが求められる。

  • Point2

    所属している芸能事務所や劇団からオファーがくる場合もあるが、映画のオーディションを受けて役を獲得するのが主である。

「映画・テレビ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!