フローリストになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「動物・植物」に戻る

フローリスト

どんな職種?

お花の魅力を引き出すアレンジを行う花屋の経営者もしくは従業員

花屋の経営者もしくは従業員のことを指す。花屋の仕事は主に、花を仕入れ、鮮度を保ち、客に喜んでもらえるアレンジメントをして販売することである。アレンジメントには、花のことだけではなく、配色コーディネートなどのセンスと知識が必要である。また、育て方や手入れ方法などを客に教えたり、客の園芸の相談に乗ったりすることも大切な仕事である。そのためには、花それぞれの特徴や病害虫の知識、肥料の知識などにも精通していなければならない。

こんな人におすすめ!

多種多様な植物に関する知識と、顧客のニーズに応えるアレンジメントのセンス

扱う商品である花はデリケートなため、観察や手入れをまめに行えるきちょうめんさが必要だ。花の種類は豊富にあり、季節や花同士の相性など、情報量についても多いため、日々の勉強も欠かせない。顧客のニーズに応じたアレンジメントを提供するため、配色やコーディネートのセンスも求められる。

フローリストを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、ビジネス学、環境学、農学、デザインなど
  3. 採用試験就職先:花屋、専門学校など
  4. フローリスト
  • Point1

    「フラワー装飾技能士」や「フラワーデザイナー」などの資格を持っていると、就職に有利だ。配達で車の運転をすることもあるため、運転免許を取得しておくといい。

  • Point2

    大学や専門学校で植物について学ぶほか、デザイン・芸術系の学校でデザインや色彩感覚を養うこともできる。

「植物・フラワー」に関する他の職種も
チェックしてみよう!