和紙職人になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

和紙職人

どんな職種?

世界が注目する文化遺産、手すきの和紙を作る仕事

2014年、ユネスコ無形文化遺産に登録され、世界から注目を集める和紙。和紙職人は、日本古来の技法にのっとって和紙作りを行う。楮(こうぞ)、三椏(みつまた)などの植物を原料とし、一枚ずつ伝統的な手すきの技法で作り出している。優美さと強靭さを備えた紙質は吸湿性にも優れており、障子やふすま、書家用紙、封筒やランプシェードなど、幅広い用途に用いられている。この仕事に就くには、島根の「石州和紙」、岐阜の「美濃和紙」、ほかに全国各地に分布している産地で活動する職人に弟子入りし、技術を学ぶのが一般的だ。

こんな人におすすめ!

一枚一枚丁寧に仕上げるきちょうめんさと自由な発想力

和紙作りに関する技術を身に付けることや、工程を理解する必要がある。1枚ずつ手すきで行う作業のため、作業においては一枚一枚丁寧に仕上げるきちょうめんさと、注意力や集中力も求められる。職人としての技術だけでなく、和紙を活用した商品開発なども行う場合があるため、研究熱心であることや自由な発想力も必要なスキルの一つだ。

和紙職人を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:工芸学、美術、デザインなど
  3. 採用試験就職先:工房、自治体の後継者育成事業
  4. 和紙職人
  • Point1

    特別な免許や資格は必要なく、和紙職人のもとで修業をするのが一般的である。

  • Point2

    岐阜の美濃和紙や島根県の石州和紙が有名だ。それぞれの特徴を知っておくといいだろう。

「装飾系デザイン」に関する他の職種も
チェックしてみよう!