鋳物工になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

鋳物工

どんな職種?

溶かした金属を鋳型に注ぎ入れ日用品や機械部品などを作る

鋳型を使って製品を作る職人。鍋や花器、風鈴などの身近な生活用品から、工作機械、自動車、発動機、電気機器、船舶の部品まで多種多様な製品を手掛ける。鋳造工程は、専用の砂で鋳型を作り、溶かした鉄などの金属を注ぎ込み、冷えて固まったら鋳型から取り出すのが主な作業の流れだ。鋳物職人になるには、鋳物製造会社に入社し、原材料や製品の専門知識と技術を身に付け、腕を磨いていくのが一般的である。特に必要な資格はないが、この仕事に役立つ資格としては「金属溶解技能士」「鋳造技能士」などがある。

こんな人におすすめ!

鋳物を作る専門的な技術と安全管理能力が必要

鋳物を作る技術が必要とされる。仕事では溶けた鉄を扱うため、原材料である鉄に関する知識に加え、作業においては集中力と安全管理能力が求められる職種だ。鍋などの生活用品から自動車や船舶の部品に至るまで、多種多様な製品に使用されているため、製品に関する知識も必要だ。

この職種の収入は?

平均月収30.42万円 [平成27年賃金構造基本統計調査(厚生労働省) 参照]

鋳物工を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:工芸学、美術、デザインなど
  3. 採用試験就職先:鋳物製造会社、一般企業、自動車部品メーカーなど
  4. 鋳物工
  • Point1

    入職し、補助作業など簡単な仕事から覚えていくケースが一般的である。

  • Point2

    学校を卒業後、鋳物製造会社に入社する人が多く、働きながら経験を積み学んでいく。「金属溶解技能士」や「鋳造技能士」の資格を取得すると、技術の証明になる。

「装飾系デザイン」に関する他の職種も
チェックしてみよう!