庭師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「動物・植物」に戻る

庭師

どんな職種?

依頼人の好みやニーズをくんで庭作りから手入れまで行う

庭師とは、庭の大小に関わりなく庭を管理する仕事である。新しい庭を作ったり、新たに庭木を植えたり、植えた木の手入れをしたりするなど、業務は幅広い。その他、花壇や竹垣を作るなどの仕事もある。大きな公園から個人宅の庭まで担当する庭も多様である。依頼者の好みやニーズをくみ取って庭のデザインに反映していく、技術とコミュニケーション能力が求められる。

こんな人におすすめ!

多角的に庭を見る視点と、繊細な感覚が必要

樹木や植物の特性、日当たりや給排水など、多角的な視点から庭を見ることができることと、それに基づく提案をする力が必要だ。100種類以上の道具を使いこなす繊細な感覚が求められ、丁寧で細かい作業が得意な人が望まれる。一つの枝葉も残さないぐらいの意識で掃除して仕上げる完璧志向も大切である。

庭師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:土木工学、農芸化学、林学、林産学など
  3. 採用試験就職先:造園会社、土木会社など
  4. 庭師
  • Point1

    国家資格の「造園技能士」や「造園施工管理技士」は、いずれも実務経験が必須なので就職後に取得する。それ以外の立木の伐木作業者やチェーンソー作業者といった労働安全衛生法に関する資格は、比較的取得が容易だといわれている。

  • Point2

    大学や専門学校などで造園について専門的な知識や技術を身に付け習得しておくと、就職に有利になる。採用試験を受けて就職し、実務を積みながら資格取得を目指す。

「植物・フラワー」に関する他の職種も
チェックしてみよう!