工芸官になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

工芸官

どんな職種?

お札や国債、切手などをデザインする国家公務員

国家公務員の仕事の一つで、国立印刷局に勤務し、紙幣や切手、収入印紙、国債などのデザインを行う。紙幣を作る場合、30名ほどの工芸官が関わり、元になる原図を筆と絵の具で描く。その後、原版を彫刻するなど精密な作業を、それぞれの専門職員が担当する。原版は、銅板の上に線と点だけで彫られるが、完成までに半年以上かかるという。手先の器用さはもちろん、正確さ、粘り強さ、一つの作業に専心できる能力が求められる。常に質の高い技術を保持するために、普段から名画の複製画を彫るなどの訓練も行われている。

こんな人におすすめ!

豊富な知識と高い企画力、質の高い技術が重要

デザインに関する豊富な知識と企画力が求められる。特に紙幣に関しては、原版を作るのに半年以上の時間を費やして完成させるため、手先の器用さに加え、細かい作業をコツコツ続けられる集中力と忍耐力が必要だ。

工芸官を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:工芸学、美術、デザインなど
  3. 採用試験就職先:国立印刷局
  4. 工芸官
  • Point1

    デザインに関しての知識や技術を習得するため、芸術・デザイン系の学校で学ぶこともおすすめ。

  • Point2

    工芸官の募集は、欠員が出たときのみである。その際は国立印刷局のホームページに掲載されるので、定期的にチェックしよう。

「装飾系デザイン」に関する他の職種も
チェックしてみよう!