ロウソク職人になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

ロウソク職人

どんな職種?

癒やしの灯り、ロウソクを伝統の技で作り出す

ロウソクには、和ロウソク、西洋ロウソクの2種類がある。原料や製造法にも違いがあり、和ロウソク製造では、今も昔ながらの技法が残り、職人の手で一本一本作られている。代表的なものは、滋賀県の伝統工芸品「近江和ロウソク」や「会津絵ロウソク」「越前和ロウソク」などがある。昨今、和のテイストを好む風潮もあり、インテリアやギフトとしての需要が広がっている。この職に就くには、職人に弟子入りして修業を積むことが一般的。技術の会得に時間はかかるが、ほのかな明かりを楽しむ日本の伝統文化を受け継いでいく仕事だ。

こんな人におすすめ!

ロウソクの製造技術に関する知識と判断力が必要

和ロウソク・西洋ロウソク、それぞれのロウソクに応じた専門的な製造技術の知識が必要だ。また、和ロウソクの場合6工程ある製造工程を2日に分けて製造するため、工程を進めても大丈夫か、ロウソクの状態を見極める判断力が重要である。西洋ロウソクは季節のイベントで必要になる場合が多く、納期に応じてロウソクを製造できるスケジュール調整力が求められる。

ロウソク職人を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:工芸学、美術、デザインなど
  3. 採用試験就職先:ロウソク工場、ロウソク店、インテリアショップなど
  4. ロウソク職人
  • Point1

    気温や温度などによってロウソクの状態は変化するため、製造環境を継続的にチェックする必要がある。

  • Point2

    学校を卒業した後、ロウソクを作っている工房に入職し、働きながらスキルを身に付けていくのが一般的だ。

「装飾系デザイン」に関する他の職種も
チェックしてみよう!