花火師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

花火師

どんな職種?

夜空を彩る夏の風物詩。花火を作り、豪快に打ち上げる

仕事は「花火を作る」「花火を打ち上げる」「花火大会の準備と片付け作業」の3種に大別される。花火師になるには、花火会社に就職するのが通常。花火の製造に携わる場合は「火薬取扱保安責任者」の資格も必須になる。今日でも伝統的な製法で作られている花火が数多く存在し、火薬の配合から和紙を花火玉に貼り付ける作業までを、花火師が一貫して行っている。最終工程の玉貼り作業を表す言葉に「糊付け八年、刷毛八年」とあるように、一人前の花火師になるには長い年月が必要だが、その過程では美しい夜空を見上げる感動の日も多い。

こんな人におすすめ!

慎重な性格で集中力があり、花火のデザインを生み出す創造力のある人

花火作りや打ち上げの方法、安全な火薬の管理方法などに関する知識と技術が求められる職種だ。火薬という危険物を取り扱う職業なので、慎重に花火を取り扱い、また注意深く作業を行える人が適している。さまざまな花火のデザインを生み出すことができる創造力のある人に向いている。

花火師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:工芸学、美術、デザインなど
  3. 採用試験就職先:花火会社など
  4. 花火師
  • Point1

    「火薬類製造保安責任者」や「火薬類取扱保安責任者」を取得しておくと就職に役立つだろう。

  • Point2

    未経験でも、煙火製造工場で作業する中で仕事を覚えることによって、花火師としてのスキルを取得することができる。

「装飾系デザイン」に関する他の職種も
チェックしてみよう!