模型店経営になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

模型店経営

どんな職種?

模型作りの楽しさを多くの人に提案する啓発者

車や飛行機などのパーツを一つひとつ組み合わせて塗装し、本物そっくりのミニチュアを完成させていく。そんな模型作りの楽しさを提案するのが模型店だ。ひとくちに模型店といっても多種多様で、それぞれに個性や品ぞろえに特徴がある。プラモデル全般を取りそろえる店、鉄道模型だけを売る店、さらに重機専門の模型店もある。近年の傾向として映画やアニメで人気のあるキャラクターのフィギュアを取り扱う店が増えている。模型店経営をする人は、模型メーカーや玩具店に勤務後、商品知識を身に付けて独立開業する人が多い。

こんな人におすすめ!

店舗で扱う模型に関する専門的な知識と細かい部品の管理能力が重要

鉄道や自動車、飛行機をはじめ、戦艦や重機など、店舗で取り扱う模型に関する専門的な知識が求められる。店舗では細かいパーツを取り扱うため、在庫やパーツの管理能力がある人に向いている。顧客の模型作りの相談にのることや、アドバイスを行う場合もあるため、接客力やコミュニケーション能力も重要。新しい模型に関する情報収集能力も、店舗を経営する上で必要だ。

模型店経営を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:経営学、会計学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:量販店模型コーナー、模型専門店など
  4. 模型店経営
  • Point1

    塗料や接着剤など、模型製作に必要となるアイテムの知識が求められる。顧客の製作環境や作製イメージに応じて、使うアイテムをアドバイスできると信頼につながるだろう。

  • Point2

    学校を卒業後、模型店や玩具メーカーなどに勤めて経験を積むのが一般的だが、直接独立開業することもできる。

「商品デザイン」に関する他の職種も
チェックしてみよう!