庭園設計士になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「動物・植物」に戻る

庭園設計士

どんな職種?

依頼主のニーズに応える庭園を企画設計して完成まで担当する

公共庭園から個人宅の庭まで、庭園の企画・設計をする仕事である。まずは、依頼人である事業主・施主の庭の使用目的やデザインの好み(洋風・和風)、予算などを確認してから、それぞれのニーズに合ったプランを提案する。また、土壌の調査を行い、庭作りに適した土壌に改良することもある。プランが決まれば工事を開始し最終確認を行い、依頼人の希望通りの庭が完成した時点で引き渡す。関連する資格検定には、一般財団法人全国建設研修センターが実施する「造園施工管理技術検定試験」がある。

こんな人におすすめ!

庭園に関する知識とセンス、コミュニケーション能力が重要となる

多種多様の樹木や植物だけでなく、環境やエクステリア商品、土木工事(給排水配管)などの多種多様な知識が必要とされる。庭園をデザインするセンスはもちろん、顧客のニーズをくみ取るヒアリング能力や、実際に工事を行う造園業者とのコミュニケーション能力も必要だ。

庭園設計士を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、土木工学、農芸化学、住居学、生物学、デザイン、建築学など
  3. 採用試験就職先:建設会社、造園会社、設計事務所、ハウジングメーカーなど
  4. 庭園設計士
  • Point1

    国家資格である造園施工管理技術検定試験に合格した後、受験に必要な実務経験年数を積んで、「造園施工管理技士」の資格を取得する人が多い。また、「造園技能士」「ガーデンデザイナー」「エクステリアプランナー」などの資格は、就職して知識を得てから取得する場合が多い。

  • Point2

    造園・園芸について大学や専門学校で学んだ後、造園会社などに入社する。仕事を通して知識を深め、専門資格を取得しキャリアアップしていく。

「植物・フラワー」に関する他の職種も
チェックしてみよう!