アンティークショップになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

アンティークショップ

どんな職種?

西洋の骨董品を取り扱う店海外に買い付けに行くことも

アンティークとは、フランス語で「骨董品」のこと。また、製造から100年経過したものが「アンティーク」と呼ばれる。西洋の骨董品を扱うのが一般的だが、最近では西洋に限らず、着物や古美術品など日本の物品を扱う店が多い。アンティークショップを開くには、実際に店で働いて経験を積んでから独立するパターンが多い。海外に買い付けに行く場合は、古い物品の由来や歴史などの奥深い知識が得られるので、その点でこの仕事に大きな魅力を感じている人も多い。開業には警察の「古物営業許可」が必要だ。

こんな人におすすめ!

骨董品に対する探究心と目利きの能力が重要

アンティークショップは主に西洋の骨董品などを集めて売るお店が多く、コレクター性の強い商品なので、商品の由来や歴史など高度な知識が必要である。また、価値のあるものをなるべく安価で仕入れるためには、目利きの能力も重要だ。海外へアンティークの買い付けに行く場合は、日常会話程度の語学力が必要である。

アンティークショップを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:経営学、コミュニケーション学、語学(外国語)、美術、工芸学、歴史学、デザインなど
  3. 採用試験就職先:骨董品店、アンティークショップなど
  4. アンティークショップ
  • Point1

    販売するターゲットに応じて、売れる商品を分析する力も必要だ。

  • Point2

    基本的に店舗の従業員として働き、その後、独立開業することが多い。独立開業する場合は、警察署に古物商許可の申請をする必要がある。

「アート・写真」に関する他の職種も
チェックしてみよう!