美術修復家になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

美術修復家

どんな職種?

美術修復家

貴重な美術品をよみがえらせ次の時代へ引き継ぐ専門職

長い年月を経た美術品の価値が損なわれないように修復をする仕事。経年劣化することは避けられないため、今以上に劣化が進まないよう作業を施して保存する。傷付いたものは元の状態を模索しながら修復する。いずれも最小の手当てでオリジナルに近づけることが重要。美術品の専門知識のみならず化学や物理の知識も求められる。国内の美術・芸術系の専門学校や大学でも美術修復の基礎を学べるが、ヨーロッパを中心に海外の修復技術は大変高く、留学はとても有意義。語学力と感性を磨いておくことも大切だといえる。

こんな人におすすめ!

丁寧に効率よく美術品を修復する高い技術と集中力

美術品の修復知識や技術が求められる。風化や自然災害、事故などで傷んだ美術品を修復するため、壊れやすい美術品を丁寧に扱える集中力と注意力、それに優れた手先の感覚も必要だ。最少の回数や範囲で修復を行えるよう、物理学や化学の知識も求められる。美術品を復元することもあるため、美術品が作られた歴史や文化背景などに関する知識を踏まえた発想力も重要だ。

美術修復家を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:美術、歴史学、デザインなど
  3. 採用試験就職先:修復工房、美術研究所、美術館など
  4. 美術修復家
  • Point1

    美術系の大学や専門学校で基礎を学んでおくと、就職に役立つことがある。より高度な修復技術を学ぶため、ヨーロッパに留学するのも一つの道だ。

  • Point2

    美術館などに就職、または修復工房として独立するのが一般的だ。技術を習得すれば、国内外の有名な美術家の作品に触れることができる。海外で活動したい場合は、外国語を習得しておくとよい。

「アート・写真」に関する他の職種も
チェックしてみよう!