コーディネーターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

コーディネーター

どんな職種?

企画・運営・進行に携わり催事の成功のために尽力する

美術展やイベントの企画、運営、進行などを総合的に行う。主催者の目的や意向に沿ってスケジュールを調整して予算も管理する。美術の知識とともに事務能力やビジネスマナーなど、一般的な知識を要する。学芸員の資格を持つ人もいるが、特に必須資格はない。すでに活躍しているコーディネーターに付いてアシスタントをし、経験を積んだ後に独立する道もある。フリーランスとしてイベントごとに契約することが多く、芸術関係者のみならず幅広いネットワークと人脈が役立つ。海外との取引も多いので、語学力を磨いておきたい。

こんな人におすすめ!

美術品の知識に加えてイベントの企画・運営力も必要不可欠

美術品や芸術作品に関する知識に加えて、依頼主の要望に応じた展示会やイベントの企画力や運営力が求められる。予算管理やスケジュール調整など事務処理能力も必要な職種だ。イベントによっては斬新な発想やアイデアが求められることもある。イベントに応じて必要とされる人材や専門家が異なるため、幅広い人脈を持つことも重要だ。

コーディネーターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:語学(外国語)、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:イベント企画会社、イベントコンサルティング会社、広告代理店、フリーランスなど
  4. コーディネーター
  • Point1

    感性を磨くと実務に役立つ。学生のうちからさまざまなイベントに出かけて、多くの作品に触れておくとよい。

  • Point2

    卒業後、イベント企画会社や広告代理店に就職するか、フリーランスのコーディネーターにアシスタントとして付き、経験を積む方法もある。

「アート・写真」に関する他の職種も
チェックしてみよう!