ギャラリストになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

ギャラリスト

どんな職種?

ギャラリーや画廊を営み希少な美術工芸品を展示販売

展示スペースのある画廊やギャラリーを所有し、作品展示や販売を行う美術商のことを指す。自ら美術品の仕入れや接客販売を行うため、芸術作品を見極める能力や営業力、コミュニケーション能力など、さまざまな手腕の発揮が期待される。また、海外取引も多くあって語学力が求められる職種だ。資格はないが、画廊またはギャラリーに勤めて実務経験を積むのが通常のパターン。まだ名の知られていない新進の芸術家を発掘し、世に出すという目的を持ち、情報収集に余念がないギャラリストが多い。時流を見る確かな目も大切だ。

こんな人におすすめ!

顧客との信頼構築に優れ美術に対する高い知識と鑑定能力が必要

古美術から現代アートまでたくさんのものを扱うので、幅広い美術品の知識とともに美術鑑定能力が必要とされる。海外とのやりとりもあるため語学力も求められる。また、作品の売買では顧客との信頼関係をスムーズに構築できる人が望まれるだろう。芸術作品を見極める力を養うとともに、世界中動き回れる行動力も不可欠である。

ギャラリストを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:デザイン、美術、ビジネス学、語学(外国語)など
  3. 採用試験就職先:画廊、ギャラリー、百貨店など
  4. ギャラリスト
  • Point1

    美術や芸術が学べる学校へ行き、幅広いアートの知識を学ぶ必要がある。海外とのやりとりも多いため語学が堪能であれば有利である。

  • Point2

    実務経験が重要なので、まずは画廊やギャラリーなどで働きながらノウハウを習得するのがおすすめ。そこで経験を積んだ後、独立も可能だ。

「アート・写真」に関する他の職種も
チェックしてみよう!