キュレーターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

キュレーター

どんな職種?

作品の持つ魅力を発見し人々に学術的な紹介を行う

美術品や芸術作品を鑑定し、展示品などの企画選定をする。美術館などでは作品の保管・管理も行う。欧米では仕事の範囲が限られているが、日本では学芸員のことをキュレーターということが多く、美術館や博物館に関わるあらゆる業務を行う。学芸員になるには文部科学省の国家資格が必要である。一方、フリーランスで活動する場合は資格が不要だが、信頼を得て認められるまでは実績の積み重ねが必要。美術品に対する知識のみならず、企画力や交渉力、管理能力、さらに空間を構成するための表現力も重要となる専門職である。

こんな人におすすめ!

美術の知識はもちろん、企画力や交渉力、空間デザインのセンスなどの総合的な能力が重要

国内外の芸術作品や美術品に関する幅広く専門的な知識に加え、鑑定力も求められる。展示会のテーマに応じて企画を考え作品を選定するセンスと、作品を魅力的に展示する空間デザインのセンスも重要だ。また貴重な作品を破損しないよう、作品の安全管理に関する知識も必要。海外で活躍するためには、語学力や交渉力が必須である。

キュレーターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:メディア学、美術、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:美術館、博物館、科学館、史料館、植物園など
  4. キュレーター
  • Point1

    学芸員として勤務する場合には、国家資格の取得が必要だ。学芸員ではなく、フリーランスのキュレーターとして活動する場合には、資格を取得しなくても活躍できる。

  • Point2

    主な活躍の場は博物館や美術館である。それぞれで採用試験や採用方法が異なるので、事前に確認が必要だ。

「アート・写真」に関する他の職種も
チェックしてみよう!