写真スタジオで働く人になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

写真スタジオで働く人

どんな職種?

高度な写真撮影の実現に向けて多様なスタジオ業務をアシスト

スタジオの利用管理や受付などの事務業務、さらに撮影に必要な照明セットを準備したり、作ったりする仕事。他に衣装をそろえる役割や商品の搬入・搬出など業務はさまざま。大手スタジオではセクション別に担当者がいるが、小規模スタジオでは一人で多くの作業を兼任する。キッチンの付いた料理用スタジオ、車が撮影できる大型スタジオなどもあるので、自分の求める撮影ジャンルに合ったスタジオを探すことが大切。カメラに関する基礎知識は重要で、経験を積みながら少しずつ撮影技術を学び、先々フォトグラファーを目指す人もいる。

こんな人におすすめ!

顧客に対する心配りと多職種と連携する協調性が求められる

顧客に対しての細かい心配りや、要望を的確に聞き出すスキルが求められる。また、カメラマンや美容師、着付け師などさまざまな専門家と働くため、コミュニケーション能力や協調性も重要なスキルとなる。直接撮影することがない場合でも、写真やカメラの基礎的知識があると実務で役立つだろう。顧客の特別な日の撮影に立ち会うことが多いため、丁寧な言葉遣いやマナーも必要だ。

写真スタジオで働く人を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:写真、美術、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:写真館、広告写真スタジオ、ブライダルフォト、出版社など
  4. 写真スタジオで働く人
  • Point1

    写真・デザイン系の学校で学ぶ専門的なカメラや写真、デザインの知識を持ち合わせていると実務に生かせる。資格としては、「フォトマスター検定」が挙げられる。

  • Point2

    写真スタジオなどの求人に応募をする、また個人で探した写真スタジオに直接問い合わせ、面接を受けるのが一般的だ。

「アート・写真」に関する他の職種も
チェックしてみよう!