写真現像技術者になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

写真現像技術者

どんな職種?

写真現像やプリント出力を管理し新たな写真表現の可能性を広げる

撮影された写真の現像や後処理をする仕事。フィルム写真の場合は、フィルムや印画紙の特性を考慮して再現しなくてはならない。デジタル写真は、コンピューターで色や解像度などを指定してプリントする。アート作品などに携わる際は、トリミングや合成などの技術も必要。アマチュアの写真を大量に扱う現像所とプロの作品を扱うプロラボがある。プロラボは、特に現像液の濃度や温度など細心の注意を払わなくてはならない。写真現像は常に同じものに仕上がるとは限らないが、長年の経験によって少しずつ熟練度が増す。

こんな人におすすめ!

機械ではできない、写真現像の高い技術と集中力

ネガフィルムや現像に関する知識と技術が必要だ。アマチュアの写真を扱う現像所と、プロの作品を扱うプロラボと呼ばれる場所があり、プロラボはプロカメラマンが対象であるため、仕上がりには厳しく、熟練の技が要求される。現像液の濃度・湿度に細心の注意を払い、丁寧に仕上げる集中力も重要。現像は機械が主流だが、手仕事ならではの美しい仕上がりが求められる。

写真現像技術者を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:写真、美術、映像など
  3. 採用試験就職先:写真館、現像所など
  4. 写真現像技術者
  • Point1

    写真館などで働きながら、現像の知識と技術を身に付けていき、写真現像技術者としてスキルアップすることができる。

  • Point2

    手作業による現像の技術だけでなく、機械の現像過程や特徴も知っておくことで、依頼者から信頼されることがある。

「アート・写真」に関する他の職種も
チェックしてみよう!